海外風俗を安全に利用しよう

>

日本と海外の違い

海外風俗は日本とは違う

日本の風俗と言うと利用しない人からすると危険な感じやイメージが強いのではないかと思います。
確かになんとなく怪しい感じがするのですがその分ルールがしっかりとしていて国の法などにしっかりと守られています。
そのため危険に見えますが従業員の女性の方はしっかりと守られています。
現に本番行為は殆どのお店で禁止されたいたりします。
しかし海外の場合は少々違ってきます。
もちろん海外のお店は全て危険だと言う訳ではありません。
ただ海外の風俗店は規制が少々緩いのか本番行為のサービスが殆ど全てのお店で行われるようです。
日本では禁止されている売春行為ですが海外ではほぼ禁止されていないようです。
そのため普通のサービスから本番行為までがデフォルトになっているようなのです。

様々な国のサービス

日本と海外では風俗の形態が大きく違います。
そのためサービスも日本とは全く違った物が多くあります。
ここではそのほんの一部をご紹介していこうと思います。
では最も風俗店が充実している国であるタイについてご紹介します。
タイで最も有名な物がゴーゴーバー、マッサージパーラーになります。
ゴーゴーバーとは日本で言う所のポールダンスと呼ばれる物と似ていて水着姿や裸の女性がお店の中で踊っていてお客様はその中からサービスして貰う女性を選ぶと言ったお店です。
マッサージパーラーは日本で言う所のソープランドとほぼ同じ感じです。
ただ違う部分は女の子を実際に見て選ぶと言った点です。
ガラス張りの中に女の子がいてその中から選ぶと言った感じのようです。
これ以外にも様々なサービスがあるので興味がある方は詳しく調べて見ると良いでしょう。


TOPへ戻る