就職活動や仕事に役立てよう!

この記事をシェアする

就職活動に活かせる英語

英語が話せると就職活動にも活かせます。たとえば就職先です。英語が話せた方が有利な職業がたくさんありますし、話せないと就けない職業もあります。英会話の講師や通訳や客室乗務員、外資系金融や商社やホテルスタッフにツアーコンダクターなどいろいろな職業があります。英語が話せない人にくらべたら、職業の幅や就職先も増えます。
就職活動時の面接でも英会話が出来ることはアピールポイントのひとつになります。昨日や今日、勉強をはじめたところで英語が話せるようにはなりません。長く続けて日々の努力があるからこそ話せるようになります。その持続できる力や努力は認められます。
また会社でも英語が話せる人材は求められており、すぐに戦力になって喜ばれます。

仕事場で活かせる英語

スーツを着たビジネスマンが英語をスラスラと話している姿を見ると「カッコイイ」と思いませんか?
最近会社は、海外進出しているところも多く、海外の会社とも仕事をする機会も増えています。そんな時英会話が出来ると、とても必要とされます。外国人から電話がかかってきたらあたふたとする人も多いと思いますが、英語を話せたら落ち着いて対応もできますし、メールのやり取りや仕事の交渉など仕事の幅も広がり、多くの仕事を任せてもらえることでしょう。海外赴任をするチャンスもあるかもしれません。海外での生活は、はじめは慣れなくて戸惑ってしまうかもしれませんが、英会話が出来ればコミュニケーションをとることができ、いろいろな経験を積んでスキルアップをすればお給料アップにつながるかもしれません。